クレジットカードが使えなくなった経験はありますか?私はある日突然、使えなくなりました。特に大きな買い物などはした覚えはありませんし、借金もないのに店の店員がこれは使えませんと言うのです。ふだん、現金はほとんど持ち歩かずクレジットカードでほとんどの買い物は済ませているので、これは本当に困りました。この事を友人に言うと、もしかしてICチップが壊れているんじゃない、との事。特に強い磁気には弱いからとも言われ、、気が付きました。最近、ステレオを買い替えとても気に入っているのでスピーカーの上に財布を置いていたのでです。きっとそのせいでしょう。結局、カード会社に再発行をしてもらい事なきを得ましたが、皆さん、スピーカーにカードを近づけるのはやめましょうね。

クレジットカードを使用する上で、なぜか知名度が低い「ボーナス払い」。実はこの支払い方法、非常に便利でお得な上、手数料が無料であることをご存知でしょうか?ボーナス払いとは、夏と冬、年に2度のタイミングで約半年分の支払いをまとめて決済できる方法です。例えば、8月1日に10万円の買い物をしたとして、「ボーナス払い」を選択します。通常9月や10月の引き落とし日に決済される10万円が、なんと1月の引き落とし日に決済されるのです。その上、利息等はかからず手数料はゼロ円。無料で支払いを数ヶ月先送りにすることができるんです。ボーナス払いを使えば、8月に新しく10万円のパソコンを購入し、そのパソコンで1月までに10万円を稼ぐ、といった使い方も可能です。カードの使いすぎには注意が必要ですが、パソコンや本、健康グッズといった自分への投資となるものをボーナス払いで支払うことは、非常に賢い使い方です。

クレジットカード会社からメールが届いても、支払い内容確定のメール以外はほとんど開いていませんでした。メールの整理をしていた時に、いつものお買い物でポイントが沢山たまるというタイトルが目についたので開いてみると、カードで買い物をする前にクレジットカード会社のHPを経由するとポイントが沢山たまるという内容が書かれていました。うーん。これは知らない間に損をしていたのかもしれません。世の中にはこういったポイントをためるとか、お得な情報にとても敏感で詳しい人がいるようですが、私は全くダメなほうです。やはりクレジットカード会社から来たメールはスルーせずに開いてみた方が良いですね。今度から買い物する時にはHPを経由するのを忘れないようにしなくてはと思いました。

クレジットカードの魅力の1つは、優待システムです。それを保有しているだけで、かなり優遇されるケースが多々あるのです。例えばホテルにおける優遇です。ホテルの部屋には、もちろん様々なランクがあります。それぞれ寝心地なども異なりますが、カードを保有していると、良い部屋に招待してくれる事がある訳です。カードを持っていなければ通常の部屋ですが、カード保有者ならばスイートルームなどの具合です。それと空港などでも、優遇される事があります。いわゆるラウンジなどを無料で使えることもあるからです。ただし上記のような優遇が生じるカードは、かなり高ランクのタイプになります。ゴールドやプラチナなどハイランクでないと、優遇にならない事も多いです。

家族カードを契約しようかどうか迷い

私自身は既にクレジットカードを法人カードとプライベートで最も使うカードに絞って、合計2枚にしています。しかし、家族は家内はまだまだたくさん所有していますし、大学生と高校生の娘たちはくれ時とカードを所有していません。どのタイミングでクレジットカードを持たせようか迷って折と同時に持たせる場合はわたしが自分自身が利用しているカードの家族カードが良いのではないかと考えています。ポイントがたまりやすくなると同時に、年会費無料で我が家のライフスタイルを考えてももっとも、利用しやすいことがわかっているからです。社会人になったら、自分自身の判断で契約してしまうでしょうから、肉親ながら囲い込みをしておこうかなというのが今の考えです。

西武、そごうで使えるクレジットカード「ミレニアムセゾン」がお勧めです。流通系のカードはお店のポイントとクレジットポイントが同時に貯まるので2倍のメリットがあります。クレジットカード作成時に西武、そごうで使える特別クーポン券が1000円分、ミレニアムポイントが500ポイントついてくるので、カードを作るだけで1500円分もらえます。また、VISA、アメリカンエキスプレス、JCBのいずれかを同時につけることが出来ます。VISA、JCBをすでに他のカードでつけている場合、アメリカンエキスプレスをつけると保険も効き、メリットも大きいとのこと。アメリカンエキスプレスも多くのお店で使えるので、便利です。クレジットポイントは、セゾンですので「永久不滅ポイント」になり、ポイント期限切れの心配もありません。年会費、入会金無料、専業主婦でも作れるので、西武、そごうでお買い物をする方にはお勧めのカードです。

今年に入って新しくクレジットカードを作りました楽天銀行に口座を開設しているので楽天カードを作りました数種類のカードがあり、それぞれ年会費が有料だったりポイントの還元率が高かったりとアピールポイントはいろいろとありましたが、結局九州カードと銘打っているカードを作りましたクレジットカードを作る時にまず悩むのは年会費問題です「年会費あり」と「年会費なし」どっちがどう違うの?という事です大まかに言うと年会費の違いはクレジットカードを持つのにお金がかかるかかからないかの違い、ポイントの付き方の違い、付帯サービスの違いと利用率の違いが「ありなし」の違いと比例している部分が大きい所があるようですしかし、私たちのように田舎暮らしの人間にとってサービスを受けられる店舗自体が少ない所でも分かる様にメリットよりデメリットの方が大きい気がしますクレジットカードが主張するメリットが全国で平均しているカードがあればそのカードを利用したいと思いますがどうしても都会寄りに作らているから九州人である私は九州カードを作りました。

私はクレジットカードを持つのが嫌で、長い間現金支払いを続けていました。今時クレジットカードを持って入ないなんて珍しいね、と人から言われて、一枚くらい持ってもいいかなと思いクレジットカードを作ったのですが、その便利さに今更ながら気が付きました。
一番良いな、と思った点は、支払をスムーズにできることです。今までは買い物をするたびに小銭が増えてお財布がパンパンになっていました。小銭で支払おう時には財布からジャラジャラと小銭を探すために時間もかかっていたし、小銭を床に落としてしまったこともあります。それが、クレジットカードを使えばサッと支払うことができるので、スマートに支払をすますことができるので、便利です。

クレジットカードは一本化

クレジットカードを初めて持った新社会人の頃、お得な特典や年会費無料のうたい文句につられて、複数のクレジットカードを作ってしまいました。銀行のカード、航空会社のカード、家電量販店のカードにドラッグストアのカード。「カードにクレジット機能をつけるだけで、数千円分のお買物券がもらえるなんてお得」、「旅行保険が年会費無料でついているなんてラッキー」なんて具合にです。しかし10年たった今、クレジットカードは1枚だけに絞り込みました。あれこれとカードを作ることで、特典のポイント等が分散してしまい大した額にならなかったことや、どのクレジットカードでいくら使ったかが把握できなくなってしまったこと、2年目以降気が付かない間に年会費が落とされていたり(年会費無料は初年度だけだった)、クレジットカードという貴重品をたくさん持っていることに不安を感じるようになってしまったからです。色々と精査して今の1枚に一本化しました。

クレジットカードの魅力やお得さ

クレジットカードを使ってみて良かった点といえば、ポイントを溜められたり、使う店によってお得な優待や特典を受けられる点です。現金で支払いをするより遥かに得で、ポイントをたくさん貯めることが出来るので、公共料金やインターネットのプロバイダ料金やスポーツジムの会費などを支払ったりしています。また、スーパーマーケットでお得なサービスを受けられるカードを選べば、ポイントが数倍溜まったり、特定の日にはお得な値引きを受けられたり、ボーナスポイントが加算されたりと嬉しい特典を受けられるので助かります。現金で支払いをすると、お釣りを受け取ったり小銭を数えたりする手間が発生しますが、カードで支払えばお釣りを受け取って確認したり、小銭で財布がかさばってしまうストレスとも無縁で快適です。買い物もスムーズにレジもスピーディーに通過出来るようになり、買い物も大変便利になります。