2月 2016

自分の行いを振り返ろう!

クレジットカードを使うようになってからというもの、お金の消費が激しくなりました。やはり現金が手から離れていくというのがないので、使っている感覚が弱くなってしまうのだと思います。ということで、気をつけるようにしているのが、クレジットカードの明細の確認です。毎月、メールでクレジットカードの利用明細が送られてきます。その明細を必ず確認するようにしているのです。明細に書かれている内容は簡素なものです。お店の名前と金額くらいで、何を買ったのかというのは明細では分かりません。それを見て、買ったものの内容を思い出すようにしています。あのお店でこれを買った、これは飲み会をした時のものだと思い出すことで、無駄遣いになっていないか確認しているのです。これをしてから、浪費癖はマシになりました。反省する時間を設けるのはちょっと苦痛なのですが、大事な時間なので必ずするよう心がけています。

クレジットカードはポイントが貯まりお得です

レジで小銭を数えたりお釣りを受け取ったりする手間なく、非常にスムーズに買い物を楽しめるのでクレジットカードは日常生活の買い物において欠かせません。また、インターネットで通販する時にも、代金引換したり銀行振込であれば手数料が少し発生したり、お金を払いに行くための手間や時間的な負担がかかりますが、クレカがあれば即座に決済を済ませられますし、番号や有効期限を打つだけですぐお金を支払えるのでコンビニや銀行などへ出向く必要もありません。また、個人的にクレジットカードで嬉しいことといえばポイントを支払った額に応じて貯められる点です。現金で支払うのと違い、クレカならポイントやマイルで少し還元があるので、公共料金支払いや毎月のプロパイダ費用など固定費は口座振替よりクレジットカード支払いしたほうがお得です。